乳歯の黒い点

MENU

乳歯の黒い点の正体は虫歯?

乳歯に表れた黒い点、子供の歯を見てみると、そんな点見た事があるという人は多いと思われます。それは一体何なのかわかりますか?

 

実際に診察してみない事にはわかりませんが、それは虫歯の症状の進行が始まろうとしている兆しなんだそうです

虫歯に発症すると、実はまず表面よりも歯の中で症状が進行する場合が多い様です。そうして歯の中で症状が進行していき、歯の表面に点として浮かび上がってくるのです。

 

ですが、この黒い点が出ただけという段階ではまだ、虫歯の進行が始まったという段階、初期段階にあるというケースが多いです。この初期段階ではまだ治療を施すタイミングでは無いと判断されると思うので、まずはしっかりと歯を磨く様にしましょう。

 

色素沈着の可能性もあるので仕上げ磨きをしっかりやる

黒い点が乳歯に表れるのは虫歯の初期段階だと先程述べましたが、歯の黒ずむ原因はまだあります。それは色素沈着です。

 

色素沈着とは

 

食べたものの色素がプラークや歯石に入り込んで歯の色が変色してしまうというものです。特に子供のは、乳歯は特に色素沈着しやすく、変色するのもはやいので注意が必要です。

 

色素沈着なら虫歯と違って治し様があります

 

お子様にちゃんとした正しい歯の磨き方を教え、毎日正しい歯磨きをさせる事が出来るのなら色素沈着を改善、予防する事も可能です。お子様が歯を磨き終わった後に、仕上げ磨きをしてあげるのが望ましいです。磨き残しを完全に無くす事が出来れば、色素沈着以外にも虫歯の予防になりますし、やっておいて損は無い

それでも取れない場合は歯医者に行ってみよう

歯医者

上述の様に、お子様への念入りな歯磨きの指導と、仕上げ磨きをしても乳歯の黒い点が取れない場合は、歯医者にいってみましょう。子供の歯は大人の永久歯に比べて非常に弱いです。大人に比べて虫歯に発症もしやすい上に症状が進行するのも数倍早いです。そのスピードは驚く程早く、気が付いた時にはとんでもないレベルにまで進行が進んでいるなんて事もある位

 

先程は初期段階で治療をする段階ではない場合が多いと述べましたが、必ずしもそうだとは限らず、もしかしたらかなり進行が進んでいる場合も十分考えられるのです。もしそうなると、なるべく早めに歯医者で治療をしてもらうのが望ましいと考えられます。

お子様の歯の健康を守るのは親の責任。しっかりと守ってあげましょう

 

 

>>子供の虫歯予防は歯磨き粉 TOP