仕上げ磨き

MENU

子供の歯の仕上げ磨き

仕上げ磨きはいつから?

 

仕上げ磨き

虫歯で悩んだことがある人も、そうした経験がない人も、お子さんの歯をいつまでもきれいに保つことが出来るよう、お口の健康には気を配っているのではないでしょうか?自分では上手には磨きが出来ないお子さんのために、保護者の方が行ってあげるのが仕上げ磨きですが、具体的にはいつから行ったらよいでしょうか。

 

いつから始めなければならないという決まりはありませんが、小さなお子さんでも虫歯になることはあります

最初の歯が生え始めたら、歯磨きをスタートさせるとよいでしょう

赤ちゃんのお口の中は絶えず唾液が出ている為、比較的虫歯になりにくいものの、実際に虫歯になったお子さんもいます。個人差はありますが、生後6〜9ヶ月頃から最初の歯が生え始めるのが一般的ですので、この頃からスタートさせるのがよいでしょう。

 

いつまで(何歳まで)やるの?

仕上げ磨き いつまで

お子さんが成長するにつれて、上手に自分で歯を磨けるようになります。そのためいずれは仕上げ磨きは必要なくなります。そのためいつまで仕上げ磨きをすれば良いという決まりはありませんが、お子さんが自分でしっかりと磨けようになるまでは続けた方が良いでしょう。

歯磨きが上手かどうかは個人差があるため、あまり年齢にとらわれる必要はありません

奥歯は磨きにくいため、特に虫歯になりやすいので、できれば奥歯が生えてくる小学校低学年頃までは、仕上げ磨きを続けるのが理想的です。仕上げ磨きはいつからいつまで行うのかといった決まりはありません。ご兄弟によっても止める時期が違っていて当然ですので、お子さんの成長を見ながら、止めるタイミングを見つけるようにすると良いかと

 

おすすめの歯ブラシ

最初から専用の歯ブラシを用意する必要はなく、赤ちゃんが口の中を触られるのに慣れるまでの間は、ガーゼや綿棒などで汚れを取ってあげましょう。ゴシゴシと擦るのではなく、歯の表面に付いている汚れを軽く拭いてあげる程度でかまいません。

 

小さな歯ブラシ

だんだんと慣れてきたら、乳児用の小さな歯ブラシに変えてみましょう。
歯ブラシとはこれから長いお付き合いになりますので、上下の前歯が生え揃うくらいまでには慣れさせておきたいものです。歯ブラシのヘッド部分は小さ目なものを選びます。また痛くないように、毛先が丸くなっているものがおすすめ

 

歯磨き自体を楽しいものだと思ってもらえるよう、歯ブラシに好きなキャラクターや絵柄などが入ったものを選んであげるのも良いでしょう。

 

仕上げ磨きの方法〜タイミングも大切〜

仕上げ磨きの基本方法

 

仕上げ磨きというのは、幼少期の子供たちが虫歯にならないためには、必要不可欠のものといっても過言ではありません。しかし歯磨きが嫌いであったり、仕上げ磨きをすると言うだけで逃げ回ってしまうような子供も少なくないのが現実です。お母さんが磨き残しを無くすために行うので大切なものとなりますが

 

基本的な方法としては

 

仕上げ磨きの基本方法

仕上げ磨き用のヘッド部分のコンパクトな歯ブラシを使って行います。その際に、子供の好きなフレーバーの歯磨き粉を使って行えば、甘くて美味しいので子供も気がそれて静かに磨かせてくれるものです。

 

そこで気を付けなければならないのは、子供が一人で磨く際には歯磨き粉は使わせずに、あくまでお母さんが仕上げをしてくれる時だけという約束にしておくこと

仕上げ磨きのタイミング

 

仕上げ磨きのタイミング

自分で歯磨きをしたいという子の中には、仕上げ磨きになると嫌がるというケースも少なくありません。どのようにして仕上げをさせてもらうのか、良い方法をご紹介いたします。まずは子供に、一人で楽しく歯磨きをさせておき、機嫌が良くなったタイミングを狙ってお母さんが仕上げ磨きをしてあげるという形に持っていくと良いでしょう

 

自分でやりたいという時期の子供の欲求を満たす事にも繋がるので、自立心を育てるうえでも大切なプロセスになります。また同時に、機嫌よくなっているところで仕上げ磨きをする事になるわけですから、しっかりと大きく口を開けてくれたり、聞く耳を持って言う通りにしてくれたりするのです。

仕上げ磨きの姿勢

 

仕上げ磨きの姿勢は、人によって色々なものがありますが、お勧めしたいのはやはりお母さんのお膝を枕がわりにして、子供を横に寝かせて行う方法です。これであれば、お母さんがしっかりと口の中を覗くことが出来るために、磨き残しがどこにあるのかなどをチェックしやすいからです。

 

嫌がるような場合には

 

おもちゃ

仕上げ磨きをしながら、おもちゃなどで遊ばせるとか、絵本を眺めさせたり、お母さんのスマートフォンでゲームをしたりする時間にすると、歯磨きの事を忘れて夢中に遊んでくれるので、しっかりと口を開けて磨かせてくれるような事も多いものです。いずれにしても、親子でやりやすい形を見付けられれば、それが一番効果的に磨くことに繋がるはずです。

 

仕上げ磨きの3つのコツ

前歯のコツ

 

前歯のコツ

前歯の仕上げ磨きのコツはまず上の歯の時には唇をもちあげるようにしてから磨きましょう。上の歯茎と唇の間に上唇小帯というものがあり、小さな子供さんの中にはくっついた状態のままになっている場合もあります。自分で磨いていると歯の先しか磨けていませんので、仕上げ磨きの時には歯茎と歯の境目もきちんとブラシが届くように歯ブラシの柄や指で軽く唇を持ち上げると磨きやすいです

 

歯ブラシを動かすときには

 

大きく動かさずに一本ずつ細かくブラシを振動させて磨くことできれいに汚れが落ちます。子供が自分で磨いていますと、磨きやすい部分ばかりを磨いてしまいがちですので、歯に段差などがある場合にはそこを中心に磨いてあげると良いでしょう。

奥歯のコツ

 

奥歯のコツ

奥歯の仕上げ磨きのコツですが、しっかりと最後の歯まで歯ブラシを届かせるように磨いてあげると良いです。大人の場合もですが、自分で歯磨きをしているときには一番奥の歯まで磨けていないということも多いです。仕上げ磨きをするときには最後の奥歯までしっかりと目で見ながら磨くことができますので、歯の溝などをしっかりと磨いてあげましょう

 

頬っぺたの側を磨くときには

 

口を開けてもらいすぎると筋肉が緊張して歯ブラシが入りにくくなりますので、軽く口を開けた状態で歯ブラシを奥まで入れるととても磨きやすいです。仕上げ磨きの時に子供さんに鏡を持っておいてもらって、奥歯はここまであるからしっかりと磨いてねなど声をかけてあげるのもよいでしょう

嫌がられないコツ

 

嫌がられないコツ

子供さんに仕上げ磨きを嫌がられないコツとしては、歯磨きは楽しいものと思ってもらうことが大切です。子供が歯を磨かないので、歯医者さんに歯を抜いてもらうよなどと脅すような言葉を使ってしまう場合があるかもしれませんが、逆効果です。できれば毎日楽しく磨けるように絵本やDVDなどを使って動機づけをしてみることをおすすめします

 

小さな子供さんの場合にはゲーム感覚でばい菌退治をしようね、などと盛り上げてあげてもよいでしょう。毎日のことですので嫌がられてしまうこともあるでしょう。嫌がるからしないというわけもいきませんので、どうしてものときには押さえて磨いてあげるというのもひとつです。普段の生活の中で歯磨きを楽しめるように話をしてあげるとよいです。

 

 

>>子供の虫歯予防は歯磨き粉 TOP