子供の虫歯の注意点

MENU

子供の虫歯を見る上での注意点

注意点@歯の虫歯は黒ではなく白い事

 

虫歯は黒ではなく白い

虫歯は歯が黒くなって痛くなるものだと言うイメージがありますが、これは大分症状が進んでからのことです。初期の段階の虫歯は、黒ではなく白い色をしています。歯の色も白ですが、丁寧に見ることで、違いが分かります。本物の歯は、透明感のある白い色で均一な状態になっています

 

それが菌によって歯が溶かされてしまうと、一部分だけがまだら状になったり、斑点のようになります。この斑点の部分は透明感がなく見た目も変化していますが、痛みがまったくないので気づかないでそのままにしてしまうことが多いです。子供の口の中を見る時は、目立つ黒い色につい目がいってしまいますが、白い色の斑点を注意してみると初期の段階で見つけることができます。

注意点A歯と歯の間にできやすい事

 

子供の歯は、とても小さく歯ブラシで磨きにくいです。腕の動かし方も大人と異なり、細かな動きができません。歯の表面は唾液で洗い流されるために比較的清潔ですが、歯と歯の間まではきれいにすることができません。歯ブラシも届きにくいので、デンタルフロスを使う必要があります。

注意点B痛みが出にくい

 

痛みが出にくい

子供は成長途中であるために、痛覚が発達しておらず、虫歯が進んでも痛みとしてとらえることができないことがあります。子供一人では自分の口の中を管理することは難しいので、夕食後の歯磨きの後にチェックするなど、大人の手助けが必要になります。虫歯は一度できてしまうと、放置していても自然に治ることはありません

注意点C乳歯は虫歯になると神経まですぐに進行

 

乳歯は永久と比べると小さく、厚みもありません。そのため一度虫歯になってしまうと進行が早く、すぐに神経まで到達してしまいます。初期であれば、虫歯の部分だけを削って詰めるという治療が可能ですが、神経まで進んでしまうと、神経の処置が必要になります

 

噛み合わせ

乳歯はいずれ抜けるからと症状があっても放置する人がいますが、神経がない乳歯は永久歯との交換がうまくいかないことが多く、噛み合わせなどにも影響があります。乳歯には、永久歯の生えるスペースを確保するという役割もあるため、きちんと治療しておかなければいけません。

子供のうちから健康なお口の状態にする習慣がつけば、大人になってからも歯で苦労することはなくなります

 

子供の歯を守るブリアン

お子様の歯はとても大切なものです。虫歯にならないように守ってあげたいと思っているご両親はたくさんいるでしょう。毎日歯磨きをしていても、虫歯になる時はあります。歯の表面だけを磨いている人が多いのですが、実は歯と歯の隙間が一番虫歯ができやすいのです

 

そんな時に役に立つのがブリアン

 

虫歯予防成分である、BLIS M18を配合していますので、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも、お口の中の虫歯菌を追い出して虫歯を防いでくれるのです。虫歯菌のエサになる歯垢も取り除いてくれますので、虫歯になりにくい歯を作ることができます

 

 

>>子供の虫歯予防は歯磨き粉 TOP